FC2ブログ

プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 わたしはそれからしばらくして、あることを思い出した。夢にこのお墓が出てきたのだ。そしてそれはあのお屋敷跡の薮のなかにあった石を思い出させた…ああ、あの石、ライがのっていたあの石…あの石はどこに?どこへ行ったのだろうか。あの石は、お墓?なのか?いくら広いお屋敷と言っても、お墓をお屋敷内に、それも自然石の、そして薔薇園の真ん中に建てるなんて、ありえないと思った。でも、夢は、あの石がお墓だと、言っていたのだ。
 わたしの頭は、あの石と、ライと、そして、林にあったお墓とに占められて、数日間を過ごした。
 あの石はそんなに大きなものではなかったので、薮とともにごっそりとどこかへ持っていかれて、捨てられてしまったのだろうか。もしもあれがお墓だったら、と思うと、わたしは再びわびしさが心を覆ってしまうのを覚えた。なぜなら「お墓」は私にとって、第二の終の住み家として、すでにそのデザインを考えていたからだ。昔の豪族にあるような、宝篋印塔のお墓が好きだった。この形はとても異国的で、どこか宇宙的な雰囲気もあった。この形のお墓を真ん中に建て、その周りを、冬に花咲くヘレボルスで埋めようと考えていた。そのための苗作りもすでに始めていた。英国人の友人から送ってもらったヘレボルスの種子を蒔き、交雑を繰り返して、さまざまな花色の品種を作りつつあった。なかには、ヘレボルス・ウィリディスというグリーン花の原種や、同じくグリーン花で萼片の外側が臙脂色の原種や、非常に可憐な花を咲かせるトルコ産の原種も交配に使っていた。なかに一株だけ、スレートブルーの花があって、それは私のいちばんのお気に入りだった。その花色のみでわたしのお墓を囲む計画もしたが、他にも捨てがたい美しい花がたくさんあって、それらも混植することにした。白に紫色のピコティや、グリーンに臙脂色のピコティや網目は、それはまた美しいものだった。三月に花が咲くと、毎日のように手に花粉をつけて、花から花へ渡り歩いて、交配を手伝った。五月になると果実は自然にはじけて、種子を地上にばら撒き、翌年、無数の子供が芽生えてきた。
 このヘレボルスを植えておけば、私のようなひとり身の人間のお墓でも、淋しい冬に、そばを通るご婦人にふり向いてもらえるのではと思ったのだ。もしよければ、数本手折って花束にしてお持ち下さるとうれしいですと、お墓のなかから声でもおかけしようと思っているのだ。五月の風のなか、果実がはじけそうならば、種子を持ってお帰りになり、お庭に蒔いていただけると、わたしのたましいがよみがえって、またふたたび花を咲かせることでしょうと…

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/273-d4d44a7c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。