プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テンプレ
「わたくしは看護師の、文野(ふみの)ゆきです…これからよろしくお願いいたしますね」…ああやっぱり「あや」の声だ、まちがいなかった。あやは生きていたんだ。ふふふ、あやちゃん!あや!わたしのあや!…わたしも生きている、母も?母も生きている?お母さん?お母さんはどこ?…あなたのお母さまはここよ!「じゃ玲さん、お身体を拭きましょうね」
 部屋の隅で見ていた看護師たちは、帰っていった。車の音が耳に残った。

 わたしはお家に帰り、「文野ゆき」という「あや」にお世話になるのだ。となりに母もいた。ミントブルーの母がいた。見えないけれども、その心臓の音が聞こえた。わたしは手を伸ばした。あった。母の手が、腕が、あった…
「りょうさん、なに?」ミントブルーの「あや」だった。「あや」の腕だった。

 …あや!あや!「あや!」わたしは叫んだ!…
「しっ!」あやがわたしを制して、わたしの耳に言った。
「おかえり、りょう!」…やっぱりあやだった。ほんもののあやだった。いやほんとうは、にせものの「あや」だった。まあ、どっちでもいい。あやが生きていたんだ!…どうして?どうして生きていられたの?…「ふふふ、りょうちゃん、わたしがドジを踏むわけないでしょ!身代わりよ、身代わり!…優子の子供の「ゆき」にわたしの代わりにあの世へ行ってもらったんだ、うまくやったでしょ!ねえ、りょうちゃん、なんとか言ってよ!」
 …わたしはうまく口が聞けないので、手を握りしめて、返事をした。あやちゃんわかった、わかったよ!わたしのかわいいあや!…母が、唸っている、なんだか変な声で。
 母はいったいどうして寝ている?わたしと同じようにベッドに寝ている?…あやが身体を拭くのを途中で置いて、わたしの手を胸の上に組ませていたので、横向きのそのままの姿勢がつらくなったのだろう、唸ったあと、ばたんと仰向けになって、首がわたしの方を向いた…目玉は白く、唇は腫れあがり、白い髪の毛はさらに白く、プラチナのようだった…お母さん…わたしは泣いた、こんな人、お母さんじゃない、お母さんがこんなことになるはずないじゃない、ちがうちがうちがう…母じゃない、別の母がそこにはいた。


 わたしたちの生活は単調なものだった。くる日もくる日も、ベッドの上がわたしたちの世界のすべてで、部屋の壁も、天井も、窓から見える木々も、貼り付けられた壁紙でしかなかった。
 あやだけが、その貼り絵のなかを飛びまわる蝶のようで、わたしたちの生きるすべてだった、生きていく心の力となった。
 あやは、常にわたしたちに献身的だった。そのすべてにおいて心を感じた。こんなにいい子はいなかった。こんなにも可愛い子はいなかった。わたしたちにこんなにも心をこめて、自分の身をささげ、介護してくれる人は、他にはいない…あや、あや!ありがとう…


 ある日、あやがわたしの手を握り、言った…「あなたたちふたりは、心中しようとしたの、お風呂で…たまたまあの刑事が来て、あなたたちふたりを発見して助けてくれたのよ、母もあなたも一命は取り留めたけど、お母さんは、こういう状態、あなたも寝たきり…でもあたし、あなたたちの面倒を見る、だってあたし看護師なんだから…あれから十年も経っているの、りょうちゃん、…そう、十年…あたし、少し顔を変えて、看護師学校へ行って、資格を取って、そうしてここへ戻ってきたの!わかった?りょうちゃん、あなたたちふたりのところへ、戻ってきたのよ!ついに…」

 …ふふふ、そうだったの、あや、すばらしいわ、わたしたち三人で、永久に暮らせるのね、三人で、三人で…お母さんと、わたしと、あやと…でも…

 …でも、こんな姿のわたしは、つらい…母も、つらい?…このまま、この姿のまま、あやの支えのみで、生きていく、わたしは、わたしたちは…

…ふたたびわたしの意識が遠のいていく、どんな喜びも、哀しみも、ベッドの上では、味のないお砂糖に変わってしまう…甘さも、苦さもなくて、ただ、舌の上をざらざらとして、砂のようだった…

 …わたしは、眠った…しずかに…ゆっくりと…深く……

                第二章 終り


comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/262-84b1689b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。