FC2ブログ

プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 …ふふふ、こいつは完全に混乱したな!わたしがどれだけお前たち親子を妬んでいたか知るまい!このわたしの計画がフィナーレを迎えて、もうすぐ完成するというのに、わたしをまだ「あや」だと思ってるなんて、間抜けな母親だ!わたしは正しい「りょう」であって、にせものの「りょう」ではないんだよ、お母さん、お母さま、ママ、あたしのママ!
 
 …ハハハ…わたしは父のような?いや、校長のような笑い方を知っていたんだ。下品なあいつらの面を見てるだけで反吐が出るんだ!だからみんな地獄へ送ってやったのさ。この背中のやけどを作ったのは、あのばか女、優子だったんだよ、聞いてる?ママ…わたしが腕を押さえられて、ベッドに押しつけられて、校長からレイプされてるとき、あの女はわたしの脚を持ってひろげやがった!ことがすむと、ストーブで焼いた包丁をわたしの背中に、記念だと言って押したんだ。くそ!人間の苦しみを知らないやつらめ!

 おまえたちもなんだよ!おまえとりょう、にせものの「りょう」…わたしがどんなに母親に、ほんとうの母親に逢いたかったか、おまえにはわかるまい、わたしは母親から切り離されて、どれだけその胸が、あたたかい胸が欲しかったか…わたしはひとりでいつも、ぽつんと、知らない家で、動かない、動けない長い旅をしていた…どこにも辿り着けない、どこにも待っている人もいない、長い旅、終わりの無い、旅を…知らない家の母は、わたしを叩くのが趣味だったんだ、いくどもいくども叩いては、わたしを熱いお湯につけて、教育だと、うなずいていた…そうなんだよ、ママ、わたしはあなたに…逢いたかった、ほんとうに、逢いたかった…ああ、遅い、遅すぎたんだ、もうだれも、わたしさえも、もとにはもどせない!…

 わたしは、ゆっくりと、母親の首を絞めた。絞めながら、お湯のなかへ沈めた。いくらもがいてもだめだよ、わたしの計画にかなう力なんて、どこにもないのだから!…母の口からたくさんの泡が出た。いくつもいくつも重なって、まるで人魚の息のようだ…そのうち、母は動かなくなり、長い髪の毛が、ゆっくりと、銀糸のように水の布のなかを沈んでいった…

 ああ…お母さん、ごめんなさい…わたしそんなつもりじゃなかったのに…わたしはあなたの子でしょ?あなたが産んだ、りょう?…あや?……わたしは…わたしは……


 …わたしは、そのままの姿で、お家を出て、お屋敷の墓地をさまよった…なんてすてきな気持ち、すてきな、夜…わたしは、生まれたてのようだった、生まれて暗闇に落とされた赤子のように、手足を振って、嬉しさを表した…薔薇の棘がいくつも身体を傷つけたけれども、それは、母の苦しみとはくらべものにならないほどのちいさなことだった…ああ、お母さん!母はどこ?あなたたち、知りません?…わたしは薔薇の木に青く光っている少女たちに聞いてみた…みんなそっぽを向いて、知らんぷりだった、でも、そんなことはどうでもよかった…お墓、お墓、お墓、わたしのお墓は?わたしのお墓はどこ?あなたたち、知りません?…みんなして、指差した…ちゃんとあるじゃない、ここに、わたしが座っていた、その石…お尻の下で、冷たくなっている、この石が、わたしのお墓?…お母さんは?お母さんのお墓は?…どこ?……

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/259-924e715e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。