FC2ブログ

プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 わたしたちが死んだように家のなかに存在していた、ある日、あの刑事が来て、性別、血液型、DNA、すべて「あや」と一致したことを告げた。わたしと母は、もう驚きも悲しみもしなかった。それはまったく意味をなさなかった。感情はなにもわたしたちに解決の道を示さないことを悟ったのだ。無表情で刑事の話を聞くわたしたちは、まるでテレビの向こうで話している人の言葉を聞くように、冷えきっていた。
 刑事はわたしたちに哀れみの視線を送ると、静かに去って行った。
 ふたりは、何事もなかったように、死体のように動かなかった。

 眠ると、あやの顔が浮かんだ。わたしたちに助けを求めていた。黒い顔は泪のすじを鮮明に浮き立たせていた…毎夜、いくどもいくども、あやがわたしのなかに現れた…ああ、あや!

 数日して、少しわたしの、母の手を握る力が戻ってきた。母も握り返した。このままではいけない、あやのためになにかしよう、そうわたしたちは感じた。
 あの刑事に、どのようにしたらよいかを電話で尋ねた。
 明日、遺体を戻すので、葬儀社に電話して、詳しく尋ねなさいと、言ってくれた。わたしは、葬儀社に電話して、なにをどうしたらよいか、聞いた。
 いちばん広い部屋の壁際をかたづけて、祭壇を作る場所を空けた。形だけの葬儀かも知れないけれど、あやのためにできるだけのことはしないといけないと思った。可哀相なあやを、ちゃんと最後まで見送ってやろうと思った。わたしたちのために、わたしと母のために、犠牲になったあやを、天国に送ってやらねばと…

 葬儀にはだれひとりの弔問もなかった。最後になって、あの刑事がぽつんとやってきて、線香を一本立てて、帰っていった。刑事としても、もっと早くあのお屋敷を徹底的に家捜ししていれば、こんな悲惨な結末にならなくてすんだと、思ったのだろうか…でも、わたしと母がいれば十分だった。わたしたちは三つの輪のように重なっては離れ、離れては重なる繋がったリングなのだから…


comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/256-efb3fb31
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。