プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あやの帰る日がやってきた。わたしは繋がった腕を切り落とされるような気がした。二ヶ月近くいっしょにいて、いまさら離れる理由が見あたらなかった。これからもずっといっしょにいてもいいではないか、わたしとあやは双子なんだから、切り離されるわけなんてどこにもないのに…ほんとうに切り落とすならば、それならば、あやの方にわたしの腕をくっつけたまま、切断してほしい…
 あやは、ぜんぜん平気のようだった。だって…また遊びに来る、また泊まりに来るよ、りょうちゃん、待ってて…そう言って帰っていった。
 わたしにとって、あやの存在は、わたしの心臓の半分だった。いままで心を満たすものは、母であったり…夢想であったりしたが、わたしの半分の空白のすべてを満たすことはなかった。あやは、あやの心と身体は、わたしの二分の一の心と身体を完成させたのだ。揺れ動く不安定な精神は、回転するときに多くのものを振り落とし、停止後、その空白を埋めようとするものだが、もともとわたしの半分しかない独楽のような自己では、まともな回転すらできなかったのだ。もちろん母の芯はわたしにとってとても心強いものであったし、母の胸に抱きしめられることは、わたしの心の充足をもたらしたが、その独楽のぶれは、周りのものまでもぶち壊して回転し、ついには自己破壊を起こしていたのだ。しかし、あやの登場は、わたしの半分独楽を完全なものにし、永久回転独楽に変身させたのだった。そしてそれはもはや、停止することはなかった。停止させることが不可能になっていたのだ。まるで静止しているかのように回転する、わたしの「自己」。けっしてもとの半分になってはならないのだ。「自己」の深い奥底にひそむ、父の「道緒」や、伯母の「麗紗」や、彼らの母である「礼」と、わたしたちふたりの遺伝子の持つ毒性がわたしを侵したとしても、今は、「あや」ひとりの存在が、わたしの精神を支えていたのだ。
 角のところまで、あやを送った。あやは振り返って、「お母さんをたのんだわよ!」と言うと、くるりと向きを変えて、続く坂道を駆け下りて行った…

 それから数日後、あやの両親が家に訪ねてきた。雨のなかをタクシーでやってきて、玄関先で雨を払いながら、お天気に文句を言っていた。
 母が出た。わたしはダイニングにいたが、人と顔を合わせるのはいやだったので、すぐに自分の部屋へ引っ込んだ。ダイニングにふたりは通された。
「はじめまして、佐々木と申します」
「ようこそ…はじめまして、鵜沓玲と申します」
「娘のあやが、このたびはほんとうにお世話になりまして…」
「いえ…とんでもございません、うちのりょうも大変喜んでおりましたのよ…どうぞお座りくださいませ」
「ありがとうございます、あやも、こちらから戻りまして、なんだかうきうきしていて、とても明るくなりましてね」
「そうでございましたか…それをうかがって、わたしも嬉しいですわ」
「…ところで…」…そのあとの言葉は聞こえなくなった。声を小さくしたのだろうか。それにしてもこの佐々木と言う、あやの父親の声は、あの男、校長の声にそっくりだった。兄弟だからそうなのかもしれないが、ただ、その腰の低いようなもの言いは、あの男とは違っていた…
 とつぜんドアをノックする音がした。母が外からわたしに声をかけた。
「りょうちゃん、こちらにいらっしゃい…」たぶん、わたしの顔を見てみたいとでも言ったのか。わたしはちょっと躊躇したが、こちらもその顔を見てみたいという誘惑もあった。あやを育ててきた両親だから、わたしも会う義務があった。わたしは自分の部屋を出て、ダイニングへ行った。
 わたしは気分が悪くなった。眩暈(めまい)がした。そこにいたのは、あの男とあの女だった。校長とその娘の優子だった。なぜ?なぜここへやってきたのだ!わたしは壁際のソファーに倒れかかった。優子がすばやくわたしの身体を受けとめて、立たせた。余計なことを!わたしはバランスを崩したのではない、バランスをとるためにソファーに寝ようとしたのだ。「心」のバランスは、横になるのがいちばんの平行を保つからだ。わたしは、優子の手を制して、ソファーに座った。母が…少し気分がすぐれないようで、申し訳ありませんと、わたしの代わりに謝っていた。その声が遠くに聞こえた。
「いえいえ…りょうさんですか、うちのあやとそっくりですな!ハハハ、そりゃそうだ、双子ですからな!」…ああ顔を見るのもいやだ!こんな人間がこの世の中に生きていていいはずはなかった。早く帰ってほしい…
「実は私も兄とは双子でしてな、よく声を間違われまして…」
「…そうでございましたか」母がとまどいの顔をして答えた。
「ところでりょうさんは、鵜沓家を継がれるのかな?もしや灰川家を?」
「…まだはっきりとは決めておりませんの」母の小さい声が聞こえる。
「ま、どちらでもよろしいかと思いますが…わたしの考えではですな、あやが灰川を継いで、長女のりょうさんが鵜沓を継ぐのがいいのではないかと」
 なんということだ!それが目的だったのか…校長と優子は死んでもなお、弟夫婦を使って、灰川家の乗っ取りを画策していたのだ。
 母は困り果てていた。そんなことは母にとって重要なことではなかった。わたしとそして、あやがいて、ともにこのまま暮らして行くことができれば、なにも望むことはないはずだった。そんなに財産が欲しければ、くれてやればいい…お母さん!わたしは見えなくなった眼をせいいっぱい見開いて、母を捜した。手を伸ばすと、誰かの腕があった…お母さん!つかむとその腕はわたしの手を振り払った。あの女の腕だったのか…手を下ろすと、ソファーに手があった、あたたかい母の手…母はわたしのそばに座っていた…お母さん!わたしは身を寄せた。母が肩を抱いてくれた。
「ま、奥さん、考えておいてくれませんか!…またあらためてうかがいますから」
「……」母は黙ったまま、ふたりを玄関まで見送った。待たしてあったタクシーが、向きを変えて雨のなかを走り去っていった。

comment

ブログ管理人のみ

trackback
 あやの帰る日がやってきた。わたしは繋がった腕を切り落とされるような気がした。二ヶ月近くいっしょにいて、いまさら離れる理由が見あたらなかった。これからもずっといっしょに...
- 07.05.2012 10:48

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/251-8e979271
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。