FC2ブログ

プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


 それから幾日かして、ふたたび女どもがやってきた。あやの言ったとおりだった。懲りないやつらだ!
 わたしとあやは、いつもの部屋から外をのぞいて、人数を確かめた。前と同じ数だった。月明かりにきらきら光るものが見えた。刀だ。とうとう日本刀まで持ち出して来たのだ。
 わたしたちは、蝋燭に火をともした。一本では物足らないので三本火をつけた。あやは残り、蝋燭を持って、部屋のなかを歩いた。わたしはそっと玄関から様子をのぞき、外へ出た。お屋敷の裏へ身を隠し、やつらが近づくのを待った…なんてどきどきするんだろう、わたしは樹の陰に隠れて、「墓地」の方で電灯が光るのを見ていた。そのうち「ギャ!」とか「キャー!」とか悲鳴が聞こえ出した。わたしたちの落とし穴に、また落ちたんだ。猿どもが。穴には棘のひどい薔薇の枝を敷いていたので、女どもの脚や手は血だらけになっているはずだった。
 門の方を見ると、別のグループが鉄の扉を入るところだった。これもあやの予想通りだった。手にはピストルのような形のものが見えた。幽霊を撃とうというのか!わたしはお屋敷の裏を回り、門の大木にところへ行き、吊り下げた籠の布にアルコールをふりかけて、火をつけた。そしてロープを引いて、火の玉に見せかけた。後ろを振り返った女生徒が、となりのやつの肩を叩いて、固まっていた。肩を叩かれたやつは、振り向きざま「ギャー!」と叫んだ。成功だ。馬鹿どもが、まんまとわたしたちの罠にかかった。なかのひとりはもう走り出して、門から逃げて行った。あの部屋は、あやが歩き回りながらカーテンを揺り動かしていたので、赤い光が亡霊のように揺れていた。それを見た女どもも、「墓地」の方へ走り出して見えなくなった。
 わたしは、幽霊の真似をして、ふわりふわり、残った女生徒の方へ歩いた。白い服が月光に融けて、鈍く光った。驚いた女たちは、一目散にお屋敷の玄関方向に走った。ピストルは、恰好だけだった。
 でも、日本刀を持った女が後ろからわたしに近づいていたのだ。あやがそれをあの部屋から電灯で教えてくれた。女はすでに刀を振り下ろしていた。わたしは背中からお尻にかけて切られた…身体に衝撃が走った。着ていた白いドレスが裂けた。女の顔を見ると、もとクラスメイトだった。わたしの顔を見て、やっぱりおまえか!と言ってもういちど日本刀を振り下ろした。わたしは飛びのいて、後ろにさがった。持っていたアルコールを女にふりかけた。その眼に命中し、女は呻きながらしゃがみこんだ。わたしは日本刀を奪い、玄関へ急いだ。ほかのやつらはお屋敷のなかへ入って行った。すでにわたしたちのたくらみがばれていたのか!あやが危ないと思った。あの部屋だ!やつら、あの部屋に行ったか!
 戸をおもいきり開けて、部屋へ入った。あやが両腕をつかまれて、押さえつけられていた。長い髪の毛はナイフでギザギザに切られていた。頭を上げたあやの口には、なにか先が尖った黒い棒が逆さに突っ込まれていた。それが規則正しく左右に動いていた…トカゲだ!あやの飼っているのと同じトカゲを、あやの口に突っ込んだのだ、女たちの白い歯が見えた…くそ!おまえら!どけ!わたしは刀を振りかざしてやつらのなかへ突進した。そして振り下ろした。女どもはあやの腕を放し、散りじりになってそこから逃げ去った。見ると、あやの口にもぐり込もうとしていたトカゲの下半身が私の振り下ろした刀で切られ、どす黒い血を流していた。まるであやがトカゲを喰っているように見えた。顔にはその血が飛び散り、蝋燭の揺らめく火に、トカゲの陰があやの顔の上を這っていた。
 トカゲは抜けなかった。あやの舌をくわえているのか?…その背中の棘が逆針になって抜けないのだ。わたしは、悔やんだ…ごめんね、あや、ひとりにしておいて…あやは泪を流していた。どうしたらいい?わたしはパニクった。あやの肩に両手を置いたまま、おろおろしていた…母を呼ぼうか、そうだ母を呼ぼう…うううっ!とあやが自分の背中を叩いた…ここを叩けと言うのだ、わたしはあやの背中をおもいきり叩いた。あわてていたのでものすごい力で!…ゲボッ!…あやがトカゲを吐き出した。吐き出すと同時にトカゲをその素足で踏み潰した。変な音がしてトカゲは内臓を尻尾と口から吐き出して、動かなくなった…あ・い・あ・お…あやが一音一音区切って言った…ありがと?ありがとって言ったの?わたしはあやを抱きしめた…「ごめん…ごめんあや!」私の喉もあやと同じ痛みが走った。搾るような声しか出なかった。
 ふたりでお屋敷を出た。月が天頂に昇って、わたしたちを生あたたかく照らした。夏の満月はわたしたちの愚かな計画を、嘲笑っていた。

comment

ブログ管理人のみ

trackback
 それから幾日かして、ふたたび女どもがやってきた。あやの言ったとおりだった。懲りないやつらだ! わたしとあやは、いつもの部屋から外をのぞいて、人数を確かめた。前と同じ数...
- 06.01.2012 06:41

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/248-63dd7397
| HOME |