FC2ブログ

プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 わたしはそのまま眠ってしまったようだ。雨が降ったのか、目覚めると、手も腕も、脚も、露で濡れていた。朝の陽に目のまえの草々がきらきらとかがやいていた。わたしは急いで家に戻り、顔を洗い、制服に着替え、母に挨拶をして、家を飛び出た。
 遅刻だ。毎日のように遅刻するので、担任も呆れて、もう相手にもしてくれなかった。もちろんクラスメイトも、長期間休んで、また何事もなかったように教室にやってきたわたしを、簡単に受け入れるはずもなかった。それに、校長の親戚といううわさも学校中に広まっていた。でも、わたしは平気だった。誰のために、何のために学校へ行っているのか、自分がいちばんよくわかっていたから…当然友人もいなかった。何人かはわたしと友達になりたいのか、話しかけてきたが、聞こえないふりをして、本を読んでいた。それでもわたしは、学校が好きだった。なぜって、「文学」の先生が好きだったから。いろんな本をわたしに読ませてくれるし、わたしの母に似ていたのだ。いや、父に似ているのかもしれなかった。女性だけれども、男性的なところもあって、実は、この女子高では一番人気のある先生だったのだ。その先生の一番のお気に入りが…わたしが思っているだけかもしれないけれど…わたしなのだから、ほかの生徒たちから疎まれるのも仕方ないなと、わたしはほくそ笑んでいた。
 さて、この先生が、わたしのお家に来ることになった。なぜって、下宿するためだった。家賃の高いアパートを引き払い、校長のはからいで、母の家に下宿することになったのだ。学校も、丘を下ればすぐだったので、先生も都合がよかった。わたしも、学校と家の両方で、先生とお話ができるのをとても楽しみにした。


comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/226-45ffd0bb
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。