プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          
 ティーカップにトマトジュースを満たして、月を映してみた…ぼくのどんよりした心を伝えるように、動かず、モノクロの月を滲ませた…
 なぜ?…あなたのことがこんなにも好きなのか…あなたのことが頭から離れない、ぼくは…傷ついたレコードのようにいくどもあなたの名をくりかえす。
 (生きてゆくなかでのさまざまの出会いのシーンの、もっとも不思議で、魅惑にみちた、劇的な出逢い…)
 あなたは、ぼくの生きてゆくなかでのもっとも遠い人だけれども、もっともぼく自身に近い人…(あなたはぼくのなかに住み込んでしまったから…)ぼくはあなたの声を聞く日を待っているんだ。
 (この苦しい想いのなかのさまざまの光は、とても不思議な色をして、奇妙に点滅しながら、ぼくの身悶えを甘くつつむ…)
 (あなたが、あまりにも強くぼくのなかに侵入したので、ぼくは窓を開けるまもなく、暗闇に震えながら、あなたを見ようとした…)
 この情景のなかでは、あなたはすでにディレクターなんだ。ぼくは引きずられて、ぼろぼろになる日を待っている…
 (最後の薔薇…)
 なぜ?…あなたのことがこんなにも忘れられないなんて、ぼくは。なぜだろう?…ひとときもぼくは、あなたを離せない…この夜の虫たちのように、いくどもあなたの名をくりかえすから。
 (この月日のなかで、輝くぼくと、くすんだぼくと、さまざまなシーンがくりかえされて、不思議のあなたを、魅惑にみちたあなたを、ぼくの心の紙片に焼きつけた。)
 ぼくは、あなたに出逢う日を、待っている…

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/197-ed44bc50
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。