FC2ブログ

プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       九月三日 夜
 ぼくのことばのちからがどれほどにあなたを揺れる炎とするか…(あなたのことばの舌がぼくの心を触れて、溶かしてしまったのに?)月の光に似たあなたは、ぼくを海の底に沈めてしまった。ひとすじの白い泡の列は、ぼくのため息が栗の花となって、永くあなたのくちびるへ伸びる糸…(あなたの心の片隅に、ぼくはいるだろうか?)あなたがくれた、心のかけらをつなぎあわせてみるけれど…ぼくはしだいに、溺れてゆく…そして、今ぼくは最後の気力で、あなたにたくさんの希望をたくした…あなたがぼくのあたえたことばのちからに押しつぶされますように!
 薔薇の実をふたつに切るように、ぼくは心を裂いて、あなたに見せた。美しいそれは、まるで石榴に変わってゆくのに、あなたは、あなたはただ横顔を見せる…
 …あなたの名を、ぼくは、忘れてしまった。あなたがあまりにもぼくのなかに充満して、あらゆる記憶は、すべての気孔から滲み出て、消えた…そして、あなたの月の光の肌が、ぼくのひとつひとつの心を被った…雪のように…
 ぼくは今、己の心のありかを知りたい…ひっそりと、静まりかえった夜、月明かりの投影するこの部屋で、ぼくは…心のありかをさぐった…(あなたの心の片隅に、ぼくは忍び込んだだろうか?)あなたがくれた、香りのはぎれをつなぎあわせてみるけれど、ぼくは…しだいに…眠ってゆく…あなたの腕が振り下ろされて、ぼくの魂がよみがえるまで……

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/196-cd054a4b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。