プロフィール

michianri

Author:michianri
せつない 想い…
つたない ことばたち…
やりきれない 心…

『詩片日記…薔薇園…片想い』

第一章『詩片日記』
surrealiste
 hypochondrie
    ~prologue
       灰川道緒

第二章『薔薇園』
     
       鵜沓 綾

第三章『片想い』

       野川美千夫  

カテゴリ

小説ブログ 長編小説へ
            人気ブログランキングへ              

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

最新コメント



(c) 片想い…
design by Echizen
photo by mizutama

せつない ラヴレター つたない ことば やりきれない 日々… 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          
あなたはぼくに、インスピレーションのすべてをあたえてくれた…

樹幹のもっとも美しい部分を、克明に、画面のなかにドラマティックに、葉や生殖器や果実や虫を見せる、ような…
例えば、葉にうずもれてきわめて美しく腐った薔薇の姿や、長雨の仕打ちにボールになったブルボンローズや、雨にうたれて深く枝垂れた花の房や、散りゆく花弁…
例えば、人々のそれぞれの哀しみや喜びや、苦しみやせつなさの流れを描くような…

あなたはぼくの天使かもしれない…
あなたはぼくのすべてかもしれない…

 
     八月十二日 夜 10:55 (あなたからの手紙を読みかえして)
 ぼくは、こんなにも素敵で、美しい、可愛い手紙を見たことがない。ぼくはあなたのことばに狂ってしまった。さらにあなたのことばの模様、あなたのことばの綾が、ぼくを最高に狂わせて、もつれさせた。
 あなたは、ぼくがとても大袈裟だと思うでしょう。たしかにぼくの頭のなかには幻想の綿が詰まっているかもしれないけれど、その綿が吸収するあなたのことばのニュアンスに含まれる心がぼくのエナジーとなっているのだ。
 ぼくは、こんなにも、やさしく、美しい手紙を見たことがなかった。

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://tensey.blog12.fc2.com/tb.php/183-a87f1dcc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。